沖縄で木と漆の器を作っています
イタ爺

___________________________________

少し前に、沖縄の北部の山の6割を占めるといわれている
「イタジイ(スダジイ)」
という木に出会いました。

割れたり狂ったりと大変扱い難い木ですが、それが故にとても力強い木です。

その魅力を更に引き立てるよう漆を塗り、仕上げています。

イタジイだから作りたい椀や皿、盆などの形がいろいろと浮かんできており、

今度の舎林さんでまとめてご覧頂ければと思っております。

その他にもいままでの定番である錆や錫仕上げのものも並びます。

___________________________________



上は、昨年秋に大阪の舎林さんで個展をさせていただいたときに
DMに載せた案内文です。
個展に向けて作っている途中に感じていることをそのまま
お伝えしたのですが、難しい木、と書いてある通り、
本当に手強い木でした。

個展用にと木取りをし、粗挽きをして準備しておいた分から
仕上げることができたのは半分程でした。
仕上げの段階になってから、外からは見えない割れや大きな節などが
次々にでてくるのです。

あるいは粗挽き→中挽き→仕上挽きと少しずつ進めて行くにも関わらず、
木が動いて歪んでしまったり、材が固いので刃物もすぐにあがってしまい
手間がかかる、なんだか滑る、など全くもってスムーズに進まないのです。

難しい木だとは思っていたので,2年ほど前からサンプルを作り、
繰り返し使いつつ様子をみたり、出張の度に環境の違う場所に持っていき
問題が出ないか試したりと、少しずつ計画していたつもりではいましたが、
少量作るのと、ある程度の数をまとめて作るのとでは、
やっぱり勝手が違うのでした。

なかなか思うように進まなくても、個展の期日は段々と近づいてきます。
焦ってみたり、予定と違う現状に呆然としてみたりの日々もありましたが、
ふと、しょうがないよなぁという考えに至りました。
それはあきらめというよりも、この木はこういう木なのだ、
というあたりまえのことに納得したからでした。

なかなかうまくいかないのは、木を見て、それに合わせたもの作りがしたい、
などといいながらも、こちらの都合を通そうとしていた結果でした。
木や漆から教わることは多く、こちらの無知や不躾な態度や怠慢を
見透かされているようなところがあります。
今回も然りで、大きな反省がありました。
思うように数が作れなかったことではなく、作れると思っていた
私たちの思い上がりに気づかせてもらったと思っています。

個展に向けての制作の後半は、とにかくできることをしっかりやろう
と取り組んだので、数は少なかったものの、仕上がった器は
いい表情をしていたかなと思います。
舎林の山田さんと、いつも作っているセンダンの器にも
だいぶ助けてもらいました。

思い返せば4年前の初個展の直前、やはり思うように進まず、
(というよりこの頃は自分たちが何をしたいのかが
よくわかっていなかったかと思います)
悶々としていたときに、ある方が「結果は自然(じねん)である」
という言葉をかけて下さったことがあります。
その時もその言葉に助けられて、目の前のことにひたすら取り組むことが
できました。



時々、やんばるの森に鎮座しているこのイタジイが、
気難しくも優しい頑固な爺さんに思えます。
むずかしい顔をして、「結果自然成」なんて言ったかと思うと、
にやりと笑ったりするのです。




















 

木・漆 - -
晴れの日
久しぶりの晴れの日。

女の子は花摘みにいそがしく、猫達は猫らしく。













寝相にも、性格がでるのだなと思いながら過ごす、平和な日。










 
日常 - -
エビスビール
 エビスビール記念館オリジナルの器を作らせていただきました。
今回はこの2種類です。




梱包作業の様子です。
仕上がった器を包んでいく作業はとても楽しい時間です。 





普段は箱に入れずにお渡ししていますが、今回は記念館オリジナルの
シールを貼った箱に入れてのお届けになるので箱の組み立て作業などがあり、
普段の仕事場にはない風景が新鮮でした。







このような感じになりました。
器の写真はこちらからご覧いただけます。

 
 
今回は「エビスビールに合う器」ということでしたので、
普段作っている器の感じはそのままですが、形やサイズなどを調整して
2種類の記念館オリジナルの器を作りました。
お酒の席でも、もちろん普段のお食事の時にも使っていただける器です。
記念館の中にあるミュージアムショップで見ることができるので、
お立寄の際はお手に取ってご覧下さいませ。




 
お酒の席といえば、少し前に近所のおじさんが晩酌用に使いたいからと
角盆を注文して下さったことがありました。
しばらくして、晩ご飯に誘っていただきお宅にお邪魔すると
その角盆の上にお気に入りのグラスや器を並べて、泡盛やワインを楽しんでいると
嬉しそうに語って下さいました。
こういうことは本当にありがたく嬉しいことだなと、笑いの絶えない愉快な晩に
美味しいご飯をいただきながら、
しみじみと感じました。

それぞれの使い方で楽しんでいただけるといいなと思います。







 
お知らせ - -
鍛冶仕事
 今日は鍛冶仕事です。
玄関前の即席鍛冶場にて。









 
木・漆 - -
2015年の予定
ホームページにて、 2015年の予定を更新しました。






 
昨年末、ふと思い立って工房の扉に色を付けました。
漆、ではなく、弁柄と膠を混ぜて塗ってみました。





扉の色だけ首里城みたいね、といったら笑われました。
そして早速、何者かに食べられています。







 
お知らせ - -
桑の木
 木を倒すから貰いにおいで、と近所のおじさんに声をかけてもらい
行ってきました。
畑を広げるそうで、たくさんの木が倒されていました。
 
センダン、クワ、ソウシジュなど、いろんな木がありましたが、
なかなか運び出しにくい土地にあるのと、大体は人力では運べないので
また今度頂きに行くことにして、とりあえず担いで持って来れそうだった
クワを少し頂いてきました。

 
短く切られていますが、これでも結構重いのです。
 
 
早速皮を剥いでみます。

 
ついさっきまで立派に立っていたのですから、当たり前と言えばそうなのですが、
切ったばかりの木はみずみずしく、皮もするりと剥がれます。
断面は新鮮な野菜のように美しく、美味しそうでもあります。
剥いだ皮は染料にもなるでしょうか。

 

桑の木は石垣のほうでは「ナネーズ」と呼ばれると聞きました。
沖縄の木を良く知る方のお話を伺う機会に恵まれたのですが、
「ナネーズ」とは、「七回実を付ける」といったような意味だそうです。


毎年、何度も実をつける桑の木を見ていて、狂い咲きのようなものかと
思っていましたが、台風などで揺さぶられて葉っぱが落ち、
新芽が出て実を付けるということを
何度も繰り返すことがあるようです。
なんともすごい生命力です。
今年もせっせと実を頂きたいと思います。



 
うちの新芽たち。




 
木・漆 - -
三線
長い間、ブログの更新が滞っていましたが、
また改めて工房や製作の様子などお知らせしていきたいと思います。
工房、ちゃんと動いていますよー。


 

写真は三線(さんしん)です。
普段、器以外を塗ることはほとんどないのですが
有り難いことに、三線を塗らせていただくことがたまにあります。

名人の作った三線は琉球の時代の人を思わせるような凛とした美しい後ろ姿です。












 
木・漆 - -
工房開放のお知らせ
昨年に引き続き、今年も読谷陶器市の時期にあわせて
工房開放をいたします。

毎年、この時期になると工房見学のお問い合わせを
いただくようになりました。
陶器市の帰りに、あちこちの工房を巡る器好きの方が
多くいらっしゃるのですね。

雑然とした工房ですが、作っている様子や
少しですが作っているものもご覧いただけます。
どうぞお気軽にお越し下さいませ。




2014年 12月19日(金)〜22日(月)
11時頃〜日暮れまで
*終了いたしました。ありがとうございました。


 
お知らせ comments(0) trackbacks(0)
沖縄のお箸
只今、D&DEPARTMENT OKINAWAにて開催されている
『沖縄の箸』という展示に参加しています。

今まで自宅用の箸は作っていましたが、箸は箸屋さんという業種があるから・・・
とかわし続けてきたことにいよいよ取り組むことになりました。
「食べ物をつかむ二本で一対の棒」
たったこれだけで説明できてしまう非常にシンプルな道具故に、
ほんのちょっとした太さや長さ、丸みの違いで見た目の印象や使いやすさが大きく異なります。
今回改めて箸のことを勉強し、素材を選ぶところから仕上げまでを考えて数種類の箸を作りました。
一緒に参加している國吉聡さん、西石垣友里子さんと三人三様の楽しい展示になっています。
約一ヶ月近くの長い展示になりますので、お時間のあるときにぜひお出かけ下さいませ。



会場の写真を取り忘れてしまったのですが、こちらに展示の様子がアップされています。









 
お知らせ comments(0) trackbacks(0)
赤木工房一門と漆の仲間たち展
木漆工とけしの2014年最初の企画展参加のお知らせです。



                             

3月24(月)から3月31日(月)の日程で「赤木工房一門と漆の仲間たち展」が東京青山のDEE'S HALLにて開催されます。
石川県の輪島で1994年より生活の中で使う漆器「ぬりもの」を作り続けている赤木明登さんと、そこから独立して各地で漆器作りに励む若者たち、赤木工房の仕事を普段は陰で支える職人さんとが合同で作品を展示いたします。
私たちも塗り担当の愛が3年間、赤木工房で仕事をしていたので参加ささせていただくことになりました。

いろいろな漆の表情、用途、可能性をご覧頂けると思いますので、どうぞ会場まで足をお運び下さい。
24日には木地担当の弘幸が在廊いたします。
たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしております。


漆の未来を見て欲しい
「赤木工房の漆の仲間たち展」
2014年3月24日(月)〜3月31日(月)
12:00~20:00(日曜、および最終日は18:00終了)

参加者
杉田明彦 / 滝本みえ / 土田和茂 / 堀道広 / 木漆工とけし / 山崎友典
              
DEE'S HALL
107-0062 東京都港区南青山3-14-11
Tel.03-5786-2688 / Fax.03-5786-2689


 
      

  



お知らせ comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/15 | >>